まちに出て、遊んで、創造して、未来が見えてくるよ

Kaeko BaazarNoren Exhibition

wanakioトップ
wanakio 2008
wanakio 2005
wanakio 2003
wanakio 2002
links
contact
 
 
_
参加アーティスト
 
Florian Baron(ドイツ)
Chang Yoong Chia(マレーシア)
Wedhar Riyadi(インドネシア)
Susanne Schuricht(ドイツ)
Wong Wai-yin(香港)


Quilt of the Dead, 2002 - ongoing


Quilt of the Dead, Workshop Korea, 2007


Quilt of the Dead, Workshop


MW & Self-Portrait with Whiskers, 2006
oil on seashells

 
作品タイトル:「Quilt of the Dead
コンセプト

追悼の刺しゅうは、進行中の作品です。その目標は、新聞やその他の題材から撮った楕円形の写真を10×10ft.のキルトを作る事が出来る分が集まるまで、19×15cmの木綿の布に縫い付け、様々な所に展示する事です。
その由来
私が17才の時、祖母が亡くなりました。5人の息子、5人の娘がそれぞれいました。その中の1人の息子(私のおじ)は熱心な仏教徒、1人の娘(私の叔母)は熱心なキリスト教徒でした。祖母の死が近づくにつれ、埋葬の仕方について、それぞれの人々が議論していました。他のメンバーは、反対意見を持っていました。そして亡くなった時、通夜は、キリスト教徒、仏教徒、道教徒、それぞれの習慣に従って行われました。その様な訳で、私が当時受け取ったのは、親戚間の口論、死に伴うプロセスを取り巻いていた妙な状況、同時に、私の死後に関する信仰の欠如といったものでしかなかったのです。私は、結果、祖母に関して、きちんと喪に服する事が出来ませんでした。その死は、私が居合わせた、初めての「本当の」死でした。追悼の刺しゅうは、祖母に関し、喪に服す事、又は、それが出来なかった自らの、罪悪感と向き合う事への試みなのです。

場所:那覇市栄町市場内

大きな地図で見る
> 那覇市 栄町市場内 (わくわく広場隣、安里精肉店向かい)

作家情報

1975年 クアラルンプール(マレーシア)生まれ
クアラルンプール在住
チャン・ユンチアは、新聞の死亡記事欄に掲載された、彼にとってはまったく見ず知らずの人々の死を悼むために、故人の肖像写真に基づき、一針一針、故人の顔を縫い上げる。

アーティストのHP:
http://www.changyoongchia.com

all content © wanakio 2008...