まちに出て、遊んで、創造して、未来が見えてくるよ

Kaeko BaazarNoren Exhibition

wanakioトップ
wanakio 2008
wanakio 2005
wanakio 2003
wanakio 2002
links
contact
 
 
_
参加アーティスト
 
安岐理加(東京)
岩井優(東京)
鄒素芬(沖縄・台湾)
タノタイガ(宮城)
中野西敏弘(東京)
水川千春(大阪)

 
作品タイトル:「township (ラード街)」
コンセプト

沖縄のまちのなかで、アーティスト自身が生活に近い場所を拠点に、まちの中にある廃材・廃棄食材などを見つけだし、それを使って小さい部屋をつくっていく。会期中にそれらの作品は、ゆっくりと変化していく。
また、自分が浴びたシャワー排水や、お風呂ののこり湯で、ジュエリーをつくる。のこり湯とゼラチンでつくられた生のジュエリーは、街中のどこかかしこにまぎれて隠れ、本物の宝石のようにキラキラ光り、やがて時間が経つと縮んで消えていくもの。

場所: 那覇市農連市場


大きな地図で見る
 

作家略歴

水川千春は、普段、活用されない生ものをつかって制作している。賞味期限切れの牛乳でつくられた真っ白な絵や、廃棄チーズを彫ってつくられた家具などは、会期中に腐り、変化していく。しばらくねかせたお風呂の残り湯で描くあぶりだしの絵や、のこり湯とゼラチンで出来た、1日で崩れていくジュエリーなど。制作場所は、台所などで生活空間で行われる。

http://mizu-wanakio.jugem.jp

all content © wanakio 2008...